ビューティーオープナーの全成分を徹底解析!副作用はない?

ビューティーオープナーは、本当に効果を実感できる商品なのか?「口コミで人気だからなんとなく効果がありそう」ではなく、本質を伝えるため、肌質改善に期待できる全成分を1つずつ解析し、徹底調査しました。

また、「いちご鼻への効果はあるか?」「シワやたるみは改善するか?」など、肌別の悩みも、成分ごとの効果・効能で紹介しています。

成分ごとの効果・効能はもちろんのこと、副作用やアレルギーのリスクについても紹介していますので、ビューティーオープナーをより詳しく知りたいという方は是非最後までご覧ください。

ビューティーオープナーの全成分を徹底解析!

ビューティーオープナーに配合されている成分を1つずつ徹底解析します。成分を理解すれば、より一層効果の実感と繋がりますよ。

加水分解卵殻膜は毛穴やしわ、たるみに|肌のハリ改善成分

卵の殻と白味の間にある薄皮が「卵殻膜」です。

人の肌には20種類のアミノ酸が含まれていますが、卵殻膜は人の肌に含まれている18種類のアミノ酸とコラーゲン、ヒアルロン酸などで構成されています。

つまり卵殻膜は人の髪や肌に非常に近い成分ということになります。

卵殻膜
【18種類のアミノ酸】
チロシン、セリン、アルギニン、グリシン、ロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、シスチン(L-システイン)、アラニン、グルタミン酸、アスパラギン酸、プロリン、スレオニン、イソロイシン、バリン、トリプトファン、リジン
人の肌
+
グルタミン、アスパラギン
人の肌にあって卵殻膜にないアミノ酸はこの2種類のみ!

卵殻膜に注目していただきたいのは、そこだけではありません。

人の肌の約70%をコラーゲンが構成して、皮膚中に多く含まれているコラーゲンは、Ⅰ型とⅢ型コラーゲンです。

中でも肌のハリや弾力に欠かせないのがⅢ型コラーゲンで、Ⅲ型コラーゲンは25歳を境に大幅に減少し始め、それに伴いⅠ型コラーゲンも劣化していきます。

ビューティーオープナーは、卵殻膜とⅢ型コラーゲンとの密接な関わりの実証のもと、肌に与えて補うことで、ハリや弾力を与える美容液として誕生しました。

【Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型コラーゲンとは?】

コラーゲンとは、アミノ酸が多数結合したタンパク質の一種で、I型・Ⅱ型・Ⅲ型があります。

I型コラーゲンは皮膚、骨、腱などに多く含まれており、Ⅱ型コラーゲンは軟骨、Ⅲ型コラーゲンは皮膚や血管壁に多く含まれていています。

真皮のコラーゲンはⅠ型及びⅢ型コラーゲンから構成されており、Ⅲ型コラーゲンが細胞などの足場を作り、傷の治癒過程で増殖し、やがてⅠ型コラーゲンに置き換わり治癒が進むと言われています。

つまり、紫外線や活性酸素の過剰発生などで、ダメージが蓄積された肌の修復をⅢ型コラーゲンは、促進してくれる効果があるのです。

東京大学の研究により、適度な量の卵殻膜がⅢ型コラーゲン遺伝子発現を促進することは証明されています。

ヒアルロン酸Naは保湿成分

ヒアルロン酸Naは、ヒアルロン酸1gで6Lの水を保持できる驚異的な保水力を誇る保湿成分です。

ヒアルロン酸は、真皮を構成しているコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めていますが、年齢とともに減少し、60歳になると20歳の頃の1/4ほどに減少すると言われています。

ヒアルロン酸が減少すると、乾燥やシワ、たるみの原因となってしまいますので、若々しくみずみずしい肌にはヒアルロン酸が欠かせません。

ヒアルロン酸の副作用として、アレルギーを心配される方がいるかもしれませんが、
ヒアルロン酸は元々体内にある成分であり、副作用でアレルギーが発症することはないとされています。そのため、美容クリニックなどのシワ取り注射の際も皮内テストは不要とされています。

ちなみに、浅めのクレーターはヒアルロン酸注射で目立たなくすることも可能なようです。

BGは保湿成分|乾燥肌に

主に保湿剤として用いられているBG(ブチレングリコール)は、皮膚刺激がなく毒性が極めて低い成分であり、油性成分と水の相溶性を高めるために配合されています。

アセトアルデヒドから合成される石油由来のものと、発酵エタノールから合成される植物由来のものとがあり、抗菌効果も併せ持っています。

防腐剤と組み合わせると防腐効果が高まるため、防腐剤の量を減らすことができます。

ペンチレングリコールは保湿成分

ペンチレングリコールは水分を包み込む働きのある保湿剤の一種で、抗菌力や表皮の雑菌を抑制する効果も期待されている成分です。

グリセリン等と比較してサラっとしています。

スクワランは保湿成分|乾燥肌、ニキビ、吹き出物、アトピーに

スクワランは、アイザメや深海サメの肝油の中に多く含まれているスクワレンという成分に水素を添加したもので、元々皮脂に含まれている潤い成分と言われています。

べたつきが少なく使用感が良いのが特徴で、皮膚刺激がほとんどありません。

スクワランはお肌の潤いを守る保湿効果のほかに、お肌を柔らかく保つエモリエント効果などがあります。

年齢とともに減少する皮脂量に伴い、スクワランの量も減少してしまいます。

スクワランの減少は乾燥肌の原因になるほか、皮脂膜のバランスを崩し、肌のバリア機能を乱れさせ、トラブルが起こりやすい肌にしてしまうのです。

また、スクワランはニキビや吹き出ものにも有効とされる成分の一つです。なぜなら「保湿」が、ニキビや吹き出もののケアには最も大切だからです。

ニキビや吹き出ものの原因は、主に「思春期ニキビ」と呼ばれる皮脂の過剰分泌によるものと、「大人ニキビ」と呼ばれるストレスや偏った食生活などでターンオーバーが乱れ、できてしまうものがあります。原因は違っても、肌の状態が良くないことは共通していますね。

ニキビができにくい肌に導くためには、正しいスキンケアで、皮脂の過剰分泌を抑制し、健やかな肌を育んでいくことが大切です。

カンゾウ根エキスは美白成分|シミに

カンゾウ根エキスはマメ科植物カンゾウの根から抽出される水溶性のエキスで、抽出方法により抽出される成分が異なるのが特徴です。

水によって抽出されたエキスは、抗炎症作用があるグリチルリチン酸が主成分のカンゾウ根エキスが抽出され、保湿剤として用いられています。

疎水抽出によって抽出されたエキスは、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ美白作用のあるグラブリコンが主成分の甘草フラボノイドが抽出され、シミやソバカスなどの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。

ここで1つ注意したいのが、化粧品の成分表示等に甘草フラボノイドが配合されているのにカンゾウ根エキスと表記されている場合がありますが、配合されているオウゴン根エキス、ナツメ果実エキスのどちらが配合されているかで見分けることができます。

カンゾウ根エキス、オウゴン根エキス、ナツメ果実エキスで構成されているエキスは、複合植物エキスと呼ばれ、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ美白ポイントが異なる植物エキスの相乗効果を狙って組み合わせています。

そのため、オウゴン根エキス、ナツメ果実エキスが配合されていた場合は、甘草フラボノイドが配合されていると考えられます。

上記のことから、ビューティーオープナーには、表記通りカンゾウ根エキスが配合のグリチルリチン酸が主成分であると思われます。

では、ビューティーオープナーは、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ美白に効果がないのかと言われると決してそうとも言い切れません。
ターンオーバーを促進させ、シミを薄くし、くすみを解消させれば、透明感のある肌を手に入れることができます。

従って、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ美白にお悩みの方もビューティーオープナーを使っていただく価値は十分にあります。

バラエキスは香りとアンチエイジング成分|女性ホルモンに

主に香料として用いられるバラエキスは、バラから抽出したエキスです。

ポリフェノールの含有量が非常に多いことから、アンチエイジングに効果的と言われています。

また、バラエキスには乱れたホルモンバランスを整えてくれる働きがあるほか、香りには抗ストレス作用やリラックス作用があります。

世界の三大美女と称されるクレオパトラや楊貴妃も、バラを愛していたと言われていますね。

3種のオイルは香り成分|香りでストレスに

使っている化粧水や乳液の匂いが鼻につく…そんな経験をしたことはありませんか?

ビューティーオープナーは、調合された天然エッセンシャルエキスが、爽やかな香りを生み出しているので、とても良い匂いだと評判です。

ビューティーオープナーに配合されている3種の香り成分について、どのような作用があるのか紹介します。

ローズマリー油

ローズマリー油は、シソ科に属する常緑性低木ローズマリーから抽出されるオイルです。

ローズマリーは、心臓の拍動を調節し、低血圧や手足の冷えに効果があるとされ、古代から薬用に用いられてきたハーブです。脳への血流量が増えることから、記憶力を高められると言われています。

また、ローズマリーには強い抗酸化作用のほか、肌のたるみやくすみに効果的な収斂作用もるので、それらの効果も期待できます。

レモングラス油|肌荒れにも

レモングラス油は、イネ科オガルカヤ属の多年草レモングラスから抽出されるオイルです。

レモングラス油は、血流改善効果や抗菌・殺菌効果、皮膚病の改善効果があると言われる、レモンの香味成分・シトラールを含有しているため、レモンのような匂いがします。

レモングラスには皮膚や毛穴を引き締める収斂作用があるため、毛穴の開きや黒ずみ、たるみなどへ効果が見込めます。

また、レモングラスに含まれているゲラニオールという精油成分には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進し、ホルモンバランスを整えて肌荒れの予防や、自律神経を整えて心を落ち着かせる働きがあると言われています。

ニオイテンジクアオイ油

ニオイテンジクアオイ油は、フウロソウ科に属する植物ゼラニウムから抽出されるオイルです。

テンジクアオイ属のハーブの多くは、かつて南アフリカで下痢止めや胃炎などに用いられていました。

ゼラニウムには自律神経を整える作用、ホルモン分泌を調整する働きがあり、ストレスや更年期障害など、女性特有の症状を緩和させる効果も期待できます。

古来より万能のスキンケア水として利用されており、皮脂のバランスを整える作用や、シミやシワの予防・改善が期待できるほか、血行を促進させる作用から赤ら顔の改善にも効果が期待できます。

デキストリンは保湿成分|お肌に

デキストリンは、芋類やとうもろこしのデンプンを、消化しやすいように分解したものの総称で、増粘目的、粉状化粧品を固形化させるために配合されます。

オレイン酸ポリグリセリル-10は乳化成分|持続性

オレイン酸ポリグリセリル-10は乳化剤です。

オリーブオイルなどに多く含まれるオレイン酸は不飽和脂肪酸で、グリセリンは保湿剤の一種です。

オレイン酸とグリセリンが結合したものが、オレイン酸ポリグリセリルで、天然由来の界面活性剤となります。

オレイン酸ポリグリセリルは成分を乳化させ、エモリエント作用で肌を柔らかくする効果が期待できます。

クエン酸とクエン酸Naで引き締め成分|くまや目の下のたるみに

クエン酸は、柑橘類などに含まれる有機化合物で酸味が特徴的です。

クエン酸Naは、クエン酸を炭酸ナトリウムで中和した成分です。

クエン酸の収斂作用は、目の下のたるみの改善や、毛穴の開きを目立たなくします。

また、クエン酸にはピーリング作用もあるため、古い角質を取り除くことで、くまやいちご鼻、ニキビ跡の改善はもちろんのこと、ニキビの予防・改善にも効果が見込めます。

ビューティーオープナーに副作用はある?

ビューティーオープナーを安心して使用するには、毒性や副作用が気になるところですよね。

配合されている各成分について調べてきましたが、毒性のある成分や副作用に繋がる成分はありませんでしたが、もう一歩踏み込んで、アレルギーがある方や、妊婦さんなどに本当に影響がないのかを徹底調査しました。

ビューティーオープナーは敏感肌や卵アレルギーでも大丈夫

ビューティーオープナーは、卵殻膜エキスが配合された美容液です。

卵にはアレルギーがあるため、卵アレルギーの人は安心して使えるか不安ですよね。

一般的に卵アレルギーを引き起こす原因は、卵白部分に含まれている「オボアルブミン」や「オボムチン」と言われています。

卵殻膜には、それら卵アレルギーを引き起こす成分は含まれていませんし、「キューピー株式会社」が行ったヒト試験でも異常なしとの結果が報告されていますので、アレルギーを起こす可能性は、殆どないと考えられます。

ただし、卵アレルギーの方はアナフィラキシーや接触皮膚炎を惹起する可能性もありますので、使用する際はご注意ください。

ビューティーオープナーはアルコールフリーの無添加

ビューティーオープナーは、安心安全にこだわり、アルコール、 鉱物油、 防腐剤、合成香料、 合成着色の5つのフリーを実現して作られた美容液です。

加齢と共に肌のバリア機能が低下し、敏感肌になってしまったという方も多いかと思いますが、ビューティーオープナーなら安心してお使いいただけます。

また、ビューティーオープナーは、国際規格ISO9001取得工場にて製造されていますので、品質管理も万全です。

ビューティーオープナーは妊娠中でも使える

安全に作られたビューティーオープナーではありますが、妊娠中は肌が過敏になっているため、合わなかったらどうしようとお悩みの方もいるかと思います。

販売元であるオージオに確認しましたところ、妊娠中・授乳中であっても、使用には問題ないという回答をいただきました。

妊娠中の方も授乳中の方も安心して、ご使用ください。

まとめ

オージオでは、ビューティーオープナーと同じ導入美容液であるヴィーナスプラセンタ原液という商品も販売されています。

どちらが良いのか迷っているという方のために、表にして比較してみました。

内容量
価格
定期便(1回目)
ヴィーナスプラセンタ原液
30ml
4,500円
1,980円
ビューティーオープナー
18ml
5,800円
1,980円

比較表を見ると、コスト面ではヴィーナスプラセンタ原液の方が得だと感じられるでしょう。

正直どちらの商品も甲乙つけがたい、おすすめの商品であることは間違いありませんが、人の肌に近い成分で構成された卵殻膜を使っているビューティーオープナーには、即効性があります。

使っていて効果を実感しやすいという点は、かなり大きいアドバンテージになるのではないでしょうか。

ダイエットやスキンケアは、効果を実感できないとモチベーションを維持することはなかなか難しいものです。

年齢肌にお悩みの方、卵殻膜エキス95%高濃度配合されたビューティーオープナーを是非お使っください。

迷っている日が1日長くなれば長くなるほど、効果を実感できる日が遠くなってしまいますよ!

タイトルとURLをコピーしました