ビューティーオープナー 使い方

ビューティーオープナーは、卵殻膜エキス95%高濃度配合の美容液です」

この情報だけ見ると、ビューティーオープナーはただの美容液だと思った方も多いのでは?

より正確にお伝えするなら、

「ビューティーオープナーは、卵殻膜エキス95%高濃度配合の導入美容液です」

そう、正しくは導入美容液なんです。

美容液と導入美容液の違いは、役割も使用する順序も大きく異なります。

ということで、ここでは最も効果を発揮するビューティーオープナーの使い方をご紹介します。

ビューティーオープナーの使い方

ビューティーオープナーの使い方はとっても簡単!

たったの3STEPで完了します。

STEP1:洗顔後手の平に適量(1~3滴)とります。

STEP2:顔全体になじませていきます。

STEP3:気になる部分には重ね付けをしてください。

ポイントは、洗顔後の素肌にビューティーオープナーを馴染ませるということ。

しっかり浸透させたら、化粧水と乳液、クリームなど、いつものお手入れをすればOKです。

ちなみに、ビューティーオープナーは、パックをする前に使うのも効果的ですよ!

ビューティーオープナーは1~3滴が適量

ビューティーオープナーの適量は1~3滴です。

乾燥が気になる部分には1円玉硬貨大を目安にたっぷり重ね付けするのが効果的です。

ビューティーオープナーは洗顔後に使うと効果的

ビューティーオープナーは導入美容液ですので、洗顔後のまっさらなお肌に使うのがポイント!

導入美容液(ブースター美容液)は、お肌の角質を柔らかくしてくれますので、必ず一番最初に使ってください。

一番最初に使うことで、その後に使う化粧水などの浸透を良くしてくれるんです。

最近化粧水がなかなか浸透していかない…。
なんてことありませんか?

その原因はズバリ、角質肥厚です。

角質肥厚とは、古い角質が剥がれずに残り、重なって分厚くなってしまったお肌の状態のこと。

なぜ角質が分厚くなってしまうかというと、ターンオーバーの乱れや強烈な紫外線を浴びることでお肌が防衛反応を起こし、角質を分厚くしてしまうためです。

正常にターンオーバーが行われれば、古い角質は剥がれ落ちていくのですが、ターンオーバーが乱れることでどんどん古い角質が蓄積されてしまいます。

古い角質はお肌の壁となり、どんなに高級な化粧品を使ってもせっかくの美容成分が浸透されません。

ですので、古い角質の壁をなくし、化粧水や乳液をしっかり浸透させるお肌にしていくことが大切なのです。

さらに、より浸透しやすくさせるために、洗顔後に残ってしまう皮脂汚れやメイクを拭き取り化粧水で取ってあげるのもおすすめ。

ただ、色々な成分が入っている拭き取り化粧水だと、化粧水の浸透を妨げてしまう場合があるので、精製水を利用するのもいいでしょう。

精製水は、水道水の塩素を中和させる働きもあるのでお肌をクリアな状態にしてくれますよ。

クリアになったお肌にビューティーオープナーを馴染ませ、さらに化粧水の浸透を良くしていきましょう!

ビューティーオープナーの効果的な使い方

ビューティーオープナーは、人肌に温めることでより浸透力が増します。

ですので、手の平に取ったら、手の平を合わせて体温で少し温めるのがポイントです。

そして、指の腹を使って下から上へリフトアップさせながら丁寧に馴染ませていくと効果的。

たるみや毛穴が気になる部分は、円を描くように美容液を塗り込んでいきましょう。

眉間のシワが気になる方は、片方の手の人差し指と中指で眉間を広げ、もう片方の手で眉間の間を左右にスライドさせるように塗り込むのがおすすめです。

気になる額の横ジワには、片方の手で生え際を引き上げ、もう片方の手の指で円を描くように塗り込むと良いでしょう。

いずれも、お肌に負担をかけないように優しく丁寧に馴染ませてくださいね。

ビューティーオープナーを使う順番

ビューティーオープナーは導入美容液なので、必ず洗顔後一番最初に使用してください。

厚くなってしまった角質をビューティーオープナーで柔らかくすることで、次に使う化粧品や乳液の浸透をサポートしてくれます。

美容成分がお肌のすみずみまで行き渡ることで、みずみずしくハリのあるお肌に導かれます。

ビューティーオープナーシリーズと一緒に使う

ビューティーオープナーを使う際は、同じく卵殻膜エキスが配合された、ビューティーオープナーローション、ビューティーオープナークリームと合わせて使うのがおすすめです。

ビューティーオープナーは導入美容液です。

ビューティーオープナーを最初に使うことで、次に使う化粧水などの浸透力をサポートしてくれるため、他のシリーズの化粧品を合わせて使っても問題はありません。

しかし、ビューティーオープナーシリーズに限らず、化粧品メーカーがなぜライン使いを推奨していると思いますか?

それはラインで使うことによってメリットをたくさん得られるからです。

たとえば、次のようなメリットがあります。

メリット1:ライン使いすることで相乗効果を発揮し最も効果がでるように設計されている

メリット2:アイテム同士の相性が良い(アルカリ性と弱酸性などのように効果を打ち消してしまう恐れがない)

メリット3:似た成分で構成されているので肌に合わないといった心配がなくなる

メリット4:まとめ買いがしやすい

成分配合などをきちんと計算して作られているので、ビューティーオープナーを使うなら、シリーズで使うのが断然効果的です。

ビューティーオープナー1本でどれくらい持つ?

ビューティーオープナーは、仮に朝晩1滴ずつ使用したとして7ヶ月もつ計算になります。

液体の種類によっても異なりますが、1滴はだいたい0.04mlといわれていますので、25滴で1mlです。

なので、18ml入っているビューティーオープナーなら、450滴という計算になりますね。

つまり30日間毎日、朝と晩に1滴ずつ使用したとしても60滴ですので、7か月もちます。

また、2滴ずつ使用してもゆうに3か月はもつということになります。

ビューティーオープナーはコスパがいい?

ビューティーオープナーはコスパが良く、それほど高いということはありません。

ビューティーオープナーの通常価格は5,800円なので、少し高いかなと感じる方もいるかもしれませんね。

そこで、ビューティーオープナーの1日当たりのコスパをまとめてみました。

〈朝・晩1滴ずつ使用した場合〉

60滴225日分=1日あたり約25円!
1か月あたり約750円!

〈朝・晩2滴ずつ使用した場合〉

120滴約112日分=1日あたり約50円!
1か月あたり約1500円!

いかがでしょうか?

ビューティーオープナーは、実はコスパが良くそんなに高くないのです。

しかもこの計算は通常価格で割り出したものですので、定期便初回1,980円ならもっとお得になります。

〈朝・晩1滴ずつ使用した場合〉

60滴225日分=1日あたり約9円!
1か月あたり約270円!

〈朝・晩2滴ずつ使用した場合〉

120滴約112日分=1日あたり約18円!
1か月あたり約540円!

かなりお得ですね!朝晩2滴ずつ使用しても1か月あたりの費用はワンコイン価格です。

上記で1滴ずつの使用例も紹介しましたが、1滴だと伸びないなと感じた場合は、節約せずにもう1~2滴追加してくださいね。

導入美容液が少なくいと、せっかくの効果がお顔全体に行き届かなくなってしまいます。

ビューティーオープナーの効果を最大限に引き出すために、自分にとってベストな量を使用しましょう。

ビューティーオープナーの使用期限は何ヶ月?

ビューティーオープナーの使用期限は、未開封であれば3年、開封後は半年間の使用期限が設けられています。

朝晩2滴ずつ使用するペースであれば、だいたい3か月ちょっとでなくなる計算になりますね。

ちなみに、ビューティーオープナーの保管は常温でOKですので、冷蔵庫に出し入れなどの手間もありません。

まとめ

ビューティーオープナーは、洗顔後のまっさらな肌に使うことで効果を発揮する導入美容液です。

年齢を重ねるごとにターンオーバーの周期は遅くなり、お肌はトラブルを引き起こしやすくなります。

また、古い角質が肌の上に蓄積されると、化粧水の美容効果が無駄になるだけでなく、お肌のくすみの原因にもなりかねません。

卵殻膜エキス95%高濃度配合美容液ビューティーオープナーで、ファンデーションのいらない、透明感のあるすっぴん美人を目指しましょう!

タイトルとURLをコピーしました